AnimateDiff + ControlNet | アニメーションスタイル

このComfyUIワークフローでは、AnimatediffやControlNet(DepthとOpenPoseを含む)などのノードを利用して、元のビデオをアニメーションスタイルに変換します。スタイルはチェックポイントモデルに大きく影響されるため、さまざまなチェックポイントを試して、異なるスタイルを実現してください。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI AnimateDiff and ControlNet Workflow
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUIワークフロー:AnimateDiff + ControlNet | アニメーションスタイル

このComfyUIワークフローでは、Stable Diffusionフレームワーク内でAnimateDiffやControlNetなどのノードを組み込み、ビデオ編集の機能を拡張するビデオリスタイリングの方法論を採用しています。AnimateDiffは、テキストプロンプトをビデオコンテンツに変換することを容易にし、従来のテキストから画像へのモデルを超えて、ダイナミックなビデオを生成します。一方、ControlNetは参照画像やビデオを利用して生成されるコンテンツの動きをガイドし、出力が動きの面で参照と密接に一致するようにします。AnimateDiffのテキストからビデオへの生成とControlNetの詳細な動作制御を統合することで、このComfyUIワークフローは、高品質でリスタイルされたビデオコンテンツを生成するための強力なスイートを提供します。

2. AnimateDiffの概要

ComfyUIでAnimateDiffを使用する方法の詳細をご確認ください。

3. ControlNetの概要

ComfyUIでControlNetを使用する方法の詳細をご確認ください。

その他のComfyUIチュートリアル

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?