ComfyUIオンライン

Stable Diffusion専用に設計されたComfyUIは、グラフとノードを備えたユーザーフレンドリーでモジュール式のインターフェースを提供し、アート制作プロセスの向上を目指しています。Stable DiffusionプロジェクトにComfyUI webを選択することで、インストールの必要がなくなり、任意のウェブブラウザを介して直接アクセスできます。

無料のComfyUIオンラインを体験

ComfyUI下部の保存ボタンをクリックしてワークフローをダウンロードします。

Stable DiffusionのためのComfyUIの機能

ノードベースのインターフェース

ComfyUIのノードベースのインターフェースは、Stable Diffusionの画像生成に革命をもたらします。コーディングなしで複雑なワークフローを設計し、画像のカスタマイズを簡素化し、創造的な柔軟性を高めます。

柔軟なワークフロー管理

ComfyUIを使用して、Stable Diffusionプロジェクトで他に類を見ない柔軟性を発揮します。モデル、エンベディング、ノード、ワークフローを簡単にロード、保存、管理し、創造的なプロセスを効率的に整理、共有、再利用するために最適化します。

高度な画像編集

ComfyUIは、インペインティング、エリア構成、画像間変換などの汎用的な編集ノードでStable Diffusionを強化し、直感的なインターフェースを通じて高品質で正確な修正を可能にします。

リアルタイムプレビューフィードバック

ComfyUIのインスタントプレビューフィードバックを使用して、Stable Diffusion画像の作成効率を最大化します。プロンプトと設定を動的に調整し、創造的なプロセスを合理化し、試行錯誤を最小限に抑えます。

効率的なキューシステム

ComfyUIの効率的なキュー管理で生産性を向上させます。複数のStable Diffusionタスクをシームレスにキューに入れ、ワークフローの実行をスムーズにし、ユーザーエクスペリエンスを最適化します。

スマートなワークフロー実行

ComfyUIのスマートなワークフロー最適化により、Stable Diffusionプロセスを加速します。変更された要素のみを再実行することに焦点を当て、計算リソースを大幅に節約し、効率を高めます。

無料のComfyUIオンライン vs RunComfyのComfyUIオンライン

無料のComfyUIオンライン

無料のComfyUIオンラインを使用すると、ComfyUIを無料で試すことができます!

クレジットカードや契約は不要です。デフォルトのワークフローを利用するか、自分のワークフローをアップロードして編集します。その後、プロンプトをキューに入れて結果を取得します。

無料のComfyUIオンラインはパブリックサーバーで動作するため、他のジョブが先に完了するのを待つ必要があります。

永続的なファイルストレージはありません。

サポートはありません。

RunComfyのComfyUIオンライン

RunComfyにサインインすると、次の機能を備えた高度なComfyUIエクスペリエンスを提供します:

無料トライアル

100%プライベートなワークスペース
高速GPUマシン
200以上のプリロードモデル/ノード
50以上の実行準備完了のワークフロー
カスタムモデル/ノードのアップロード
最大200GBのストレージソリューション
専任サポート
RunComfyにアップグレードすると、シームレスで堅牢なComfyUIエクスペリエンスを提供します

5. ComfyUIで画像を生成する手順

ComfyUIは、AIの力を通じて印象的なアートを作成するために設計された直感的なStable Diffusionプラットフォームを提供します。Stable Diffusionは、高度な生成AIを活用し、UNetモデル、プロンプト解釈用のCLIP、ピクセルと潜在空間間をナビゲートするVAEを利用して、テキストプロンプトから詳細なビジュアルを作成します。これらのコンポーネントを理解することは、ComfyUIのノードベースのシステムを活用するための鍵となります。各ノードはテキストを魅力的な画像に変換します。このガイドでは、プロセスを5つの重要な手順に簡素化し、ComfyUIがStable Diffusionを使用してアーティスティックなビジョンを実現する方法を明確にします。

1. チェックポイントの必須事項

訓練されたモデルのスナップショットであるチェックポイント(UNet、CLIP、VAEを組み込んだもの)から始めることが重要です。このステップは基礎となるもので、チェックポイントはテキストプロンプトを画像に変換するモデルの能力をカプセル化し、ComfyUIでアートを生成するための基盤となります。

2. CLIP: プロンプトの解釈

CLIPテキストエンコーダーは、テキストプロンプトをエンベディングに変換します。これは、モデルがプロンプトを理解し視覚化するために重要なベクトル表現です。このステージは、生成される画像の精度と詳細にとって重要であり、正確なプロンプトエンコーディングの重要性を強調しています。

3. VAE: 潜在画像の作成

プロンプトのエンコーディングに続いて、VAEはビジュアルコンテンツを潜在画像(効率的な中間フォーマット)に圧縮します。VAEによるこの圧縮は、UNetモデルのパフォーマンスにとって重要であり、効率と詳細のキャプチャを向上させながら抽象空間の操作を可能にします。

4. KSampler: 洗練と変動

KSamplerは潜在画像を洗練し、明瞭さと変動を加えます。画像のノイズを除去し、画像を強調します。異なるサンプラーが最終画像の特性に影響を与え、プロンプトへの忠実さと創造的な解釈のバランスをとります。このステップは、目的のビジュアル結果を達成するためのサンプラー選択の重要性を強調しています。

5. VAE: ピクセルへのデコード

VAEの最終的な役割は、潜在画像をピクセルにデコードし、圧縮されたデータを詳細な可視画像に変換することです。この重要なステップにより、最終画像が最大限の詳細と一貫性を保持することが保証され、ComfyUIを通じたStable Diffusionプロセスの集大成となります。

ComfyUIを使用する利点

多様なモデルサポート

ComfyUIは、SD1.x、SD2.x、SDXLなどのさまざまなStable Diffusionモデルとシームレスに統合され、コーディングスキルを必要とせずに画像とビデオ生成のための包括的なツールセットを提供します。

高度な編集機能

エンベディング、テキスト反転、ハイパーネットワーク、複数のアップスケールモデルをサポートすることで、ComfyUIはユーザーが作品をカスタマイズおよび強化し、画像とビデオ生成の限界を押し上げることができます。

柔軟性と効率性

ComfyUIのノードデザインにより、さまざまなノードを組み合わせることができ、アイデアの視覚化を合理化し、革新的なエフェクトを促進します。迅速なプロジェクト開発に最適で、その柔軟性により創造的な可能性が高まります。

効率的な画像とビデオの作成

AnimateDiff、SVD、ControlNet、IPAdapterなどのモデルを統合することで、より創造性を発揮して画像とビデオの両方を生成でき、創造的な自由度が高まります。

カスタマイズ可能なワークフロー

ComfyUIのカスタマイズ可能なワークフローを使用して、創造的なプロセスを調整します。ノードの設定をプロジェクトの要件に合わせて調整し、stable diffusionプロジェクトの効率とパーソナライゼーションを向上させます。

誰でもアクセス可能

ComfyUIは幅広いハードウェアでアクセス可能で、GPUの性能が低いユーザーやGPUを持たないユーザーでもコンテンツを生成できます。

ComfyUIに関するすべての質問に答えます

ComfyUIとは?

ComfyUI stands as a revolutionary, node-based graphical user interface (GUI) specifically crafted for enhancing your Stable Diffusion experience. It enables users to seamlessly design and execute complex Stable Diffusion pipelines through a user-friendly, graph-based interface, negating the need for coding. It is fully equipped to support various versions of Stable Diffusion, boasting an asynchronous queue system and intelligent optimizations for optimized image generation.

Why should I consider using ComfyUI?

Opting for ComfyUI elevates your Stable Diffusion ventures with unmatched configurability and deeper insights into the Stable Diffusion process. It simplifies the workflow into customizable elements, allowing for straightforward adjustments and experimentation with diverse settings and inputs. This ensures you achieve the precise results you're after with ease and efficiency.

How does ComfyUI differ from Stable Diffusion WebUI?

When distinguishing between ComfyUI and Stable Diffusion WebUI, the key differences lie in their interface designs and functionality. While Stable Diffusion WebUI offers a direct, form-based approach to image generation with Stable Diffusion, ComfyUI introduces a more intricate, node-based interface. This provides users with enhanced flexibility and a comprehensive understanding of each step in the image generation journey, allowing for detailed manipulation and customization.

Is ComfyUI superior to Automatic 1111?

In comparing ComfyUI with Automatic 1111, it's notable that ComfyUI's node-based interface affords users a profound comprehension of Stable Diffusion's inner workings. This characteristic potentially renders it more fitting for professional applications or for individuals keen on exploring the depths of Stable Diffusion's capabilities.

Is ComfyUI free?

Absolutely! Our Free ComfyUI Online service invites you to explore ComfyUI at no expense. No credit card information or commitments are necessary to dive in. This service is publicly available, and for those desiring a private server and more dedicated resources, we offers an enhanced, premium experience at RunComfy.

What variety of images can Stable Diffusion create?

Leveraging Stable Diffusion, for which ComfyUI is expertly designed, allows for the creation of a broad spectrum of images. This includes everything from text-to-image and image-to-image modifications to a plethora of other visual creations. It achieves this through the processing of prompts and input images via diverse models and algorithms, yielding richly detailed and imaginative outputs.

How do I generate personalized art images with ComfyUI?

Crafting personalized art images with ComfyUI involves a straightforward process. Start by loading a checkpoint model, then enter both positive and negative prompts. Utilize various nodes like CLIP Text Encode for prompt refinement and KSampler for the image generation phase. This process is highly adaptable, enabling users to tweak image dimensions, engage in batch generation, and adjust denoising settings to suit their preferences.

Is there a limit to the number of images I can generate?

Rest assured, there are no limitations on the number of AI images you can generate through our platform. Dive into the limitless possibilities of image creation with ComfyUI and Stable Diffusion today!