AnimateDiff + AutoMask + ControlNet | ビジュアルエフェクト(VFX)

AnimateDiff、AutoMask、ControlNetを活用して視覚効果の作成を再定義するComfyUIワークフローを発見しましょう。このワークフローでは、Fade効果を使用して正確な変換を行い、リアリズムを高めることで、視覚効果をシームレスに統合する方法を説明します。最先端のツールを使用してVFXスキルを向上させたい方に最適です。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI VFX Workflow: Mastering AnimateDiff & AutoMask
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUIワークフロー:AnimateDiff + AutoMask + ControlNet | ビジュアルエフェクト(VFX)

このワークフローは、AnimateDiff、ControlNet、AutoMaskの機能を活用して、正確かつ容易に壮大なビジュアルエフェクトを作成します。このプロセスの中核は、視覚的変換のための特定の領域を定義し、分離するために重要な役割を果たすAutoMaskの戦略的使用にあります。

2. AutoMaskによる正確な変換

人間の顔をゾンビに変身させるなど、詳細で印象的なビジュアルエフェクトを作成する最初のステップには、AutoMaskの使用が含まれます。 AutoMaskは、強化のための特定の領域を正確に特定し、分離することにより、このプロセスで重要な役割を果たします。ゾンビへの変身のように高度なリアリズムと精度を要求するエフェクトでは、変換を顔の領域に集中させることが不可欠です。 AutoMaskは、顔を包み込む非常に正確なマスクを生成することで、これを実現します。この精度により、変換効果は厳密に顔に限定され、画像の周囲の領域の整合性が変更されずに維持されます。このワークフローでは、BatchCLIPSegノードとGrowMaskWithBlurノードを使用して、自動的に実現しています。

ComfyUIでのマスク

3. Fade効果によるリアリズムの向上

変換のビジュアルな忠実度を高め、適用されたエフェクトとオリジナルのフッテージの間の自然な遷移を確保するために、Fade効果を組み込むことが非常に重要です。この技術は、ビジュアルエフェクトのエッジをビデオの手付かずの部分にシームレスにブレンドし、abruptな変化ではなく徐々にシフトするように設計されています。 Fade効果を実装することで、人間からゾンビへの変身(またはその他のエフェクト)がより流動的で信憑性のあるものになり、変換のリアリズムが高まります。 Fadeの強度と持続時間を慎重に調整することで、視覚的変換の全体的な影響を高める完璧なバランスを達成し、視聴者に魅力的で没入感のある体験を提供できます。

ComfyUIでのFade効果

このワークフローでは、AnimateDiffとControlNetも使用しています。それらの使用方法の詳細については、以下のリンクを確認してください。

4. AnimateDiffの概要

ComfyUIでAnimateDiffを使用する方法の詳細を確認してください

5. ControlNetの概要

ComfyUIでControlNetを使用する方法の詳細を確認してください

このワークフローは、**Mickmumpitz**に触発されました。詳細については、彼のYouTubeチャンネルをご覧ください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?