LayerDiffuse + TripoSR | 画像から3Dへ

革新的なComfyUIワークフローでは、LayerDiffuseの力を利用して背景が透明な画像を作成し、その画像をTripoSRで粗い3Dモデルに変換します。この迅速なプロセスは洗練の可能性を秘めており、画像から3Dへのシンプルな道筋を提供します。

ComfyUIワークフロー

3D Creation with LayerDiffuse & TripoSR in ComfyUI
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUIワークフロー:LayerDiffuse + TripoSR | 画像から3Dへ

ComfyUIワークフローでは、LayerDiffuseの機能を活用して透明な背景の画像を生成します。次に、画像とそのマスクの両方をTripoSRに渡して3Dオブジェクトを作成します。結果は粗いながらも迅速に生成された3Dモデルであり、さらなる改良の可能性を示しています。

メッシュファイル(.obj)に興味がある方は、ファイルシステムの出力セクションで見つけることができます。このストリームラインされたプロセスは、LayerDiffuseとTripoSRの長所を組み合わせて、画像から3Dモデルへの簡単な道筋を提供します。

2. LayerDiffuseの概要

ComfyUIでLayerDiffuseを使用する方法の詳細をご確認ください。

3. TripoSRの概要

3.1. TripoSRの紹介

TripoSRは、1枚の画像を驚くべき速度と精度で3Dオブジェクトに変換する最先端の3D再構成モデルです。この革新的な技術は、Tripo AIとStability AIの共同努力によるものです。トランスフォーマーアーキテクチャを利用したTripoSRは、画像を迅速に3D形式に処理する能力が際立っています。Large Reconstruction Model(LRM)ネットワークアーキテクチャを基に構築されていますが、データの処理方法、モデルの設計、トレーニングプロセスの改良において大幅な改善が加えられています。これらの進歩により、TripoSRは現在利用可能な他のモデルよりも正確で効率的になっています。

3.2. TripoSRの技術アーキテクチャ

TripoSRのコアは、主に3つの部分で構成されています:画像エンコーダー、画像からトリプレーンへのデコーダー、トリプレーンベースのニューラルラディアンスフィールド(NeRF)です。画像エンコーダーは、事前学習済みのビジョントランスフォーマーモデルを使用して、入力画像の広範囲な詳細と特定の詳細の両方をキャプチャします。これらの詳細は、革新的なトリプレーンNeRFセットアップを使用して詳細な3Dモデルに変換されます。TripoSRは、カメラの設定を推測できるという点でユニークであり、正確なカメラ情報を必要とせずに、さまざまな画像条件で汎用性と効率性を発揮します。

3.3. TripoSRのパフォーマンスベンチマーク

TripoSRのパフォーマンスは、他の主要なモデルと比較しても際立っています。オブジェクトの微妙なテクスチャと複雑な形状を迅速に捉えることにおいて、一貫して優れた性能を発揮します。標準的なコンピュータハードウェアで迅速に達成されるこの優れたパフォーマンスは、TripoSRが3D再構成の分野を変革する可能性を示しています。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?