IPAdapter Plus (V2) + ControlNet | 画像からビデオへ

このワークフローでは、IPAdapter PlusとControlNet QRCodeを使って画像をビデオに変換する方法を探ります。まず、ビデオのビジュアル基盤となるリファレンス画像を選択します。次に、QRCode Monster Modelを通じて白黒のビデオを取り込み、アニメーション処理をガイドします。さらに精度とフォーカスを高めるために、IPAdapter Plusのアテンションマスクを適用し、ビデオの特定の領域をより詳細にコントロールすることができます。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI Workflow - IPAdapter ControlNet
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUIワークフロー:IPAdapter Plus/V2とControlNet

このワークフローでは、IPAdapter Plus、ControlNet QRcode、AnimateDiffを使用して、1枚の画像をビデオに変換します。以下は、このプロセスを簡略化して説明したものです:

  1. 入力画像を選択して、ビデオのリファレンスとして使用します。
  2. ControlNet QRCode Monster Modelへの入力として使用する白黒のビデオを選択します。
  3. オプションで、このビデオをIPAdapter Plusのアテンションマスク入力として使用します。これにより、IPAdapterはビデオの特定の領域に集中し、必要な部分の詳細とフォーカスを強化できます。
  4. ControlNet QRCodeの重みとステップを調整して、結果を最適化します。これらのパラメータを調整することで、変換の品質と効果が大幅に向上します。

この合理化されたアプローチにより、わずか1枚の画像から簡単に素晴らしいアニメーションを作成できます。IPAdapter Plusの強力なスタイル転送機能と、その精密なアテンションマスク機能、さらにControlNet QRCodeのダイナミックなビジュアルエフェクトを活用することで、画像を印象的なビデオに簡単に変換できます。

アテンションマスクの詳細については、IPAdapter Attention Maskの紹介をご覧ください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?