Face Restore + ControlNet + Reactor | 古い写真の復元

Face Restore、ControlNet、ReActorの力で、色あせた画像を鮮やかな思い出に変えましょう。各テクノロジーは再構築プロセスにおいてユニークな役割を果たし、すべてのディテールが細部まで保存されることを保証します。

ComfyUIワークフロー

Restore Old Photos using ComfyUI
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

restore-old-photos-using-comfyui-1069

説明

1. ComfyUIワークフロー:Face Restore + ControlNet + Reactor | 古い写真の復元

このワークフローでは、色あせた写真を鮮やかな思い出に変えるために、Face Restore、ControlNet、ReActorの3つのコンポーネントアプローチを使用します。Face Restoreは顔の特徴を鮮明にし、OpenPose、Depth、Lineartを組み込んだControlNetは、詳細なシーン再構築のための画像生成を正確にコントロールします。OpenPoseはポーズを修正し、Depthは立体感を加え、LineArtはアウトラインを強調します。最後に、ReActorノードは顔のスワップに特化しており、復元された写真の顔の詳細と精度を向上させ、元のシーンに忠実でリアリズムを高めた復元プロセスを完了させます。

ControlNetの詳細については、ComfyUIでControlNetを使用する方法を参照してください。

Face SwapのためのReActorの詳細については、ComfyUIでFace SwapのためにReactorを使用する方法を参照してください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?