Mesh Graphormer ControlNet | 手の修正

このワークフローでは、MeshGraphormer ControlNetを使用して、AIが生成した画像の手のリアリズムを向上させます。 "MeshGraphormer Hand Refiner"と呼ばれる重要なノードは、深度マップと正確なマスクを生成し、手の正確な位置決めと形状をガイドします。このプロセスにより、画像の残りの部分を変更することなく、手の詳細を改善し、自然で説得力のある外観を実現できます。

ComfyUIワークフロー

Fix Hands with Mesh Graphormer ControlNet
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

fix-hands-with-mesh-graphormer-controlnet-in-comfyui-1057

説明

1. ComfyUIワークフロー:Mesh Graphormer ControlNet | 手の修正

AIが生成した画像の手のリアリズムを向上させるのは難しい場合があります。ただし、MeshGraphormer ControlNet手法の導入により、このタスクは大幅に合理化されました。この方法は、AIが生成したアートワークの手の描写に関連する一般的な問題を特に対象としており、手が正確に表現され、生き生きと見えるようにします。

このアプローチの中心となるのは、"MeshGraphormer Hand Refiner"と呼ばれるノードです。このノードは、手をどこに配置し、どのように見えるべきかを概説する深度マップを生成する上で重要な役割を果たし、初期画像の不正確さを修正します。

深度マップは、ControlNetの重要な前処理ステップとして機能します。深度マップが作成されると、ControlNet内の特定の"インペインティングモデル"と連携して使用され、手の外観を詳細に洗練します。

同時に、"MeshGraphormer Hand Refiner"ノードは、正確なマスクも生成します。このマスクは、手を特定するターゲット型のオーバーレイのように機能し、改良が手にのみ適用されるようにして、画像の残りの部分への意図しない変更を防ぎます。その結果、全体的な画像はそのまま残りますが、手は自然で信頼できる外観を実現するために必要な集中的な注意が与えられます。

Mesh Graphormer ControlNet

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?