ControlNet Tile + 4x UltraSharp | 画像/動画アップスケーラー

このComfyUIワークフローでは、最初の動画がAnimeDiffによって生成されます。その後、ControlNet Tileアップスケールを適用し、続いて4x UltraSharpモデルアップスケールを行います。最終的に初期動画を高解像度に拡張するために、アップスケールの各段階でフレーム補間を実装しています。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI Hi-Res Fix Upscaling Workflow
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUIワークフロー: 画像アップスケーリングのためのControlNet Tile + 4x UltraSharp

このComfyUIワークフローは、動画の品質向上のための高度なアプローチを提供します。まず、AnimeDiffで初期動画を生成します。次に、ControlNet Tileアップスケールを取り入れ、ControlNetモデルを活用して、入力との一貫性を維持しながら欠落した詳細を再生成することで、画像解像度を詳細に改善します。これは、セグメントベースのアップスケーリングに特に役立ちます。そして、4x UltraSharpモデルアップスケールによって、詳細の損失なく優れた明瞭さと詳細拡張能力を発揮し、高解像度の結果を保証します。さらに、アップスケーリングの各段階でのフレーム補間により、動画の品質をさらに高め、優れた動画解像度を実現するためのComfyUIの包括的なソリューションを示しています。

2. AnimateDiffの概要

詳細については、AnimateDiffの紹介をご覧ください。

3. ControlNet Tileの概要

3.1. ControlNet Tileの紹介

アップスケール用のControlNet Tileは、ControlNetモデルを利用して、入力プロンプトとローカル画像特徴の不一致を選択的に無視することで、欠落または不整合な詳細を正確に再生成し、画像解像度を向上させます。この機能は、セグメントまたはタイルごとの画像アップスケーリングに特に有利であり、高品質で詳細な画像を生成するための理想的なソリューションとなります。

4. 4x-Ultrasharpアップスケーラーの概要

4.1. 4x-Ultrasharpアップスケーラーの紹介

4x-Ultrasharpアップスケーラーは、アップスケーリングプロセスでの詳細損失という一般的な課題に対処しながら、驚くべき明瞭さと詳細で画像をより高い解像度に変換する能力において際立っています。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?