AnimateDiff + ダイナミックプロンプト | テキストからビデオへ

ダイナミックプロンプトは、ランダムなプロンプトを生成するための小さなテンプレート言語を作成するために使用されます。ダイナミックプロンプト(ワイルドカード)、Animatediff、IP-Adapterを使用することで、入力した画像を参照するダイナミックなビデオやGIFを作成できます。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI Animatediff with Dynamic Prompts Workflow
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUI AnimateDiffとダイナミックプロンプト(ワイルドカード)のワークフロー

このワークフローは、多様で魅力的なコンテンツを生成するためのアプローチを提示します。ダイナミックプロンプトの力を活用することで、ユーザーはワイルドカードの革新的な使用を通じて、ランダム化されたプロンプトを作成するための小さなテンプレート言語を使用できます。AnimateDiffとIP-Adapterを追加することで、このワークフローは入力画像に合わせたダイナミックなビデオやGIFの制作にその機能を拡張します。

2. ダイナミックプロンプト(ワイルドカード)の概要

2.1. ダイナミックプロンプト(ワイルドカード)の紹介

ダイナミックプロンプト(ワイルドカード)は、テンプレート言語の使用を通じて、プロンプトのダイナミックでランダムな生成を可能にします。この方法では、事前に定義されたオプションのセットからランダムに選択できるプレースホルダーを組み込むことで、単一のテンプレートから多種多様なプロンプトのバリエーションを作成できます。

基本的な概念は、変数プレースホルダー(ワイルドカード)を含むテンプレートを定義し、それを指定されたオプションからのランダムな選択で置き換えることです。これにより、各プロンプトを手動で作成することなく、多数のユニークなプロンプトを生成できます。これは、多様な画像、テキスト、アイデアを生成するようなクリエイティブなタスクで特に役立ちます。

例えば、このようなダイナミックプロンプトを生成するためのテンプレート言語では、"{color}{animal}{location}にいる"のようなプロンプトテンプレートを指定できます。ここで、各プレースホルダー(中括弧で囲まれた部分)は、色、動物、場所のオプションリストからランダムに選択されたものに置き換えられます。これにより、同じテンプレートから"青い犬が森にいる"や"赤い猫が街にいる"などのさまざまなプロンプトが生成される可能性があります。

さらに、このメソッドには、ワイルドカードのネスト化、より動的な組み合わせのためにワイルドカード内でワイルドカードを使用すること、プロンプト内で再利用するための変数の設定、選択するアイテムの数の指定、特定のオプションの選択頻度に影響を与えるための重みの使用など、高度な機能を含めることができます。これらの機能により、手動での努力を最小限に抑えながら、非常に複雑で多様なプロンプトを作成できます。

詳細については、Githubをご確認ください。

3. AnimateDiffの概要

詳細については、AnimateDiffの概要をご確認ください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?