IPAdapter Plus(V2)+ AnimateLCM | 画像から動画へ

ComfyUIワークフローでは、IPAdapter Plus(IPAdapter V2)、ControlNet QRCode、AnimateLCMを統合して、ダイナミックなモーフィング動画を簡単に制作できます。IPAdapter Plusは画像プロンプトとして機能し、参照画像の準備が必要です。ControlNet QRCodeモデルは、アニメーションの視覚的ダイナミクスを向上させ、AnimateLCMはレンダリングプロセスを高速化します。このワークフローには、解像度と詳細を向上させるアップスケーリングフェーズも含まれています。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI Workflow - IPAdapter Plus and AnimateLCM
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. ComfyUI IPAdapterワークフロー:アニメーション/モーフィング動画用

このComfyUIワークフローでは、IPAdapter Plus(IPAdapter V2とも呼ばれる)をQRCodeおよびAnimateLCMモデルと組み合わせて使用し、静止画像を魅力的なアニメーションに効率的に変換します。IPAdapter Plusの機能に焦点を当て、追加のComfyUIノードを統合することで、このワークフローは静止画像から動的なモーフィング動画への滑らかで正確な変換を保証します。

1.1. ComfyUI IPAdapterを使用してアニメーション/モーフィング動画を作成するステップバイステップガイド

  1. IPAdapter Plus用の入力画像:4枚の画像を選択してください。ただし、この数はプロジェクトの要件に合わせて調整できます。これらの画像は、動画全体を通して順番に遷移します。各画像に対して、別々のIPAdapter Plusを使用し、"Create Fade Mask Advanced" ノードでアテンションマスクを生成します。これらのマスクは、IPAdapter Plusの焦点を誘導し、最終的な動画でスムーズなモーフィング効果を確保するために不可欠です。
  2. ControlNet QRCodeでアニメーション:ControlNet QRCode Monster Modelの入力として使用する白黒動画を選択します。この動画がアニメーションの流れを決定し、モーフィングシーケンスの視覚的ダイナミクスを強化します。
  3. AnimateLCMによる速度最適化:AnimateDiffセットアップ内でAnimateLCMモデルを組み込み、レンダリングプロセスを高速化します。AnimateLCMは、必要な推論ステップ数を減らすことで動画生成を高速化し、Decoupled Consistency Learningを通じて結果の品質を向上させます。これにより、通常は高品質の結果を生成しないモデルを使用できるため、AnimateLCMは詳細なアニメーションを作成するための効率的なツールとなります。したがって、AnimateLCMを選択するかどうかは、プロジェクトの特定のニーズに基づいて決定する必要があります。
  4. 最終レンダリングと動画のアップスケーリング:ワークフローを設定した後、モーフィング動画をレンダリングします。初期結果を評価し、満足できる場合は、動画をアップスケールして解像度と詳細の明瞭さを向上させます。
ComfyUI IPAdapter Workflow for Animation

1.2. アニメーション/モーフィング動画を強化するための追加のヒント

  1. アテンションマスクのカスタマイズ:"Create Fade Mask Advanced" ノード内のパラメータを調整して、画像が互いにブレンドする方法を微調整します。このカスタマイズは、目的の効果に応じて、より芸術的または自然なトランジションを実現するのに役立ちます。
  2. ControlNet用の適切な参照動画の選択:ControlNet QRCodeの動画の選択は、モーフィングスタイルに影響を与えます。さまざまな動画を試して、画像間のトランジションダイナミクスにどのように影響するかを確認してください。
  3. AnimateLCMでの速度と品質のバランス調整:AnimateLCMの設定を試行錯誤して、モーフィング効果がスムーズかつ高速になるように、速度と品質の最適なバランスを見つけてください。

このワークフローは、 ipivに着想を得ています。詳細については、彼のホームページをご覧ください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?