SVD + IPAdapter V1 | 画像からビデオへ

この ComfyUI ワークフローは、2 つのプロセスをシームレスに統合しています。最初のプロセスでは、IPAdapters を使用して、マスク画像に基づいて 3 つの別々のソース画像をマージすることにより、静止画像を合成します。2 番目のプロセスでは、Stable Video Diffusion (SVD) を使用して静止画像を動的なビデオに変換します。

ComfyUIワークフロー

ComfyUI IP-Adapter and SVD workflow
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

説明

1. SVD と IPAdapter のワークフロー

ComfyUI ワークフローは、2 つの専門的なタスクを効率的に組み合わせるように設計されています。最初のフェーズでは、IPAdapters を活用して複合静止画像を作成します。これは、特別に設計されたマスク画像を青写真として使用し、3 つの異なるソース画像を組み合わせることで実現されます。このプロセスにより、結果として得られる画像がソース素材の正確で調和のとれたブレンドになることが保証されます。

静止画像の作成に続いて、ワークフローは 2 番目のフェーズに移行します。ここでは、Stable Video Diffusion (SVD) の機能を活用します。SVD は最先端の技術であり、静止画像を魅力的な動的ビデオに変換するのに長けています。この変換は単なる変換ではなく、静止画像に命を吹き込み、シームレスなビデオシーケンスを作成する拡張機能です。

2. IP-Adapter の概要

詳細については、IPAdapter の紹介をご覧ください。

3. SVD の概要

詳細については、このSVD (Stable Video Diffusion) の紹介をご覧ください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?