InstantID | 顔からシールへ

ComfyUI InstantID ワークフローを活用して、重要な顔の詳細を保持しながら、簡単に顔シールを作成します。さまざまなプロンプトを試して、多様なスタイルの顔シールを生成し、すべて素晴らしい効果を得られます。

ComfyUIワークフロー

Create Dynamic Stickers with InstantID & IPAdapter
このワークフローを実行しますか?
  • 完全に動作するワークフロー
  • 欠落したノードやモデルはありません
  • 手動セットアップは不要
  • 魅力的なビジュアルを特徴としています

create-dynamic-stickers-with-instantid-ipadapter-1042

説明

1. ComfyUI InstantID ワークフロー: 顔シール生成

このワークフローでは、InstantID と IPAdapter Plus Face を使用して、顔シールでそれらの重要な顔の詳細をすべてシャープに保つことが非常に簡単になります。さらに、ControlNet depth モデルを使用して、頭部のポーズが適切であることを確認し、顔シールで自然な見た目を保ちます。

InstantID と IPAdapter Plus Face を組み合わせることで、すべての顔シールが素晴らしく見えるだけでなく、元の表情と特徴に忠実であることを保証します。そのため、毎回高品質で耐久性のある顔シールが得られます。

さらに、このセットアップは非常に柔軟性があり、さまざまなプロンプトを試して創造性を発揮することができます。さまざまなスタイルや表現を探求して、多様な顔シールを作成できます。楽しくてマンガのようなものを目指している場合でも、よりポリッシュされた洗練されたものを目指している場合でも、このプロセスでは、目指しているあらゆるバイブに合わせて顔シールをカスタマイズできます。

2. InstantID の概要

InstantID は、単一の参照 ID 画像を、さまざまなポーズやスタイルを取り入れながら、元の画像に高い忠実度を維持したカスタマイズされた画像に変換するように設計されています。その方法論を明確に理解するために、以下に分類します。

ID 埋め込み: このコンポーネントは、意味論的な顔情報を正確に取得するために重要です。これにより、システムは参照画像の顔の主要な側面を理解し、生成されたさまざまな画像全体でアイデンティティを保持できます。

軽量適応モジュール: このモジュールは、参照画像を視覚的なプロンプトとして効率的に使用するシステムの能力を強化します。デカップリングされたクロスアテンションメカニズムを採用し、視覚情報の集中的な解釈を可能にし、参照のスタイルとポーズに密接に準拠する画像の生成を支援します。

IdentityNet: このネットワークは、参照からの顔画像の詳細な特徴をエンコードする役割を果たします。追加の空間制御を提供し、元のアイデンティティのニュアンスと特定の特性が生成された画像に正確に反映されるようにします。

全体として、InstantID はこれらのコンポーネントを組み合わせて、単一の写真からさまざまな画像を生成するための洗練されていながらアクセスしやすいソリューションを提供し、すべてのバリエーションでアイデンティティの中核となる属性の一貫した表現を確保します。この統合により、InstantID は顔シールの作成時に顔のアイデンティティを効果的に保持します。

ComfyUI 内で Instant ID を使用する方法の詳細については、ComfyUI で Instant ID を使用する方法をご覧ください。

より多くのComfyUIワークフローが必要ですか?